you are my sunshine

3人と1匹との大切な時間。ワタシのための記憶メモ。

撃沈

本日組み分けテスト。

19時にテスト終え帰宅。

手応えなしという、、おそるおそる自己採点。

今までの最低点を更新。算数。

脱力。

ショックすぎて、、怒りもない。

はあ、、もう最下位クラス確定です。

たぶん、きっと、ぜったい。

 

言っちゃいけないけど、、

こんなにこんなにがんばってんのに、もうだめかなと弱気になる。

このまま続けても…報われるのだろうかって。

過保護にも逃げ道を探したくなる。

あさひは静かに涙を流す。

パパは自分のことのようにくやしくてなんだか気合を入れてる。

悔しがらないあさひの気持ちがわからないと。

だからすぐ今の気持ちを忘れちゃうんだと。

まあ、言わんとしてることはわかるよ。

でも多分あさひの内に秘めたココロまで読めない。

父ほど、イライラを爆発させないだけで、

いちばん深く傷ついてるのはあさひだし。

 

とりあえず風呂に入り、テスト解説を聞きながら振り返り、ひとまず寝ました。

寝る頃にはあさひはもういつものニコニコあさひで。

思わず、、あさひ…よく笑ってられるね、、さっきの今だよと言ってしまった。

 

そしたらさ、だってさ、最下位クラスに落ちたから辞めるとか、、

もう勉強嫌いになったとか言いたくないから、、

気持ちだけでもスマイルスマイルだよ…と。

 

つ、つぇー。あさひ。

実は心臓に毛が生えてるタイプ⁈

最強だよ、アンタ。

 

さっきまで、Aに落ちたら、上がりたくても上がれないんだよ、アリ地獄みたいに、、て泣いてたのに。

切り替え早いし、、

本当にわかってんのかな??

 

落ちたなら上がるしかない。ただそれだけ。

また明日からがんばるしかない。

 

広告を非表示にする